夢モデルわくわくストーリー

地図に残る仕事 中川貴仁さん

中川貴仁さん

建物が出来上がっていく過程(かてい)にわくわく

父が建設会社で事務(じむ)の仕事をしていたので,幼(おさな)いころ建設現場を何回か見学させてもらったことがあります。その建設途中(とちゅう)の現場にはクレーンやブルドーザーなどの大きな機械があり,その機械を使ってとてつもなく大きく高い建物をつくる様子を見て『人間ってすごい!』と感じ,わくわくしました。
高校生になって進路を考えはじめたとき,“建物は人が生活するためにはなくてはならないものであり,それを創(つく)るということは,とても素敵(すてき)な仕事だ”と思いました。その建物で仕事や生活をする人たちが幸せに,笑顔になるようなものづくりをしたいと思い,建築(けんちく)が学べる大学に進学することを決めました。
建築に関する職種(しょくしゅ)には,設計(せっけい)や技術(ぎじゅつ)の研究などたくさんあります。中でも建物が出来上がっていく過程をいちばん感じられる“現場監督”になりたいと思い,大学を卒業後,建築工事をおこなっている大成建設(たいせいけんせつ)に入社しました。

新しい仕事をするたびに成長を実感

1つの建物が出来あがるには,さまざまな業種の人たちが入れかわり立ちかわり仕事をこなしていきます。その全ての人の仕事ぶりをしっかりと理解(りかい)し,安全に約束の日までに建物をつくるのが,現場監督の仕事です。そして,その仕事の仕方は,現場で経験(けいけん)と知識(ちしき)を積みながら覚えていくことが多いのです。だから,新しい現場に配属(はいぞく)されたときや未経験の工事を担当(たんとう)するときは,『新しいことが学べる』という期待の気持ちと『自分にできるかな』という不安な気持ちで,“わくわく・どきどき”します。
入社して2年目に,建物の内装(ないそう)工事【建物の内部を仕上げる工事】を一人で監督するという新しい仕事を任(まか)せてもらいました。その仕事の進め方も図面【建物の設計図】の読み方もほとんどわからない中で,図面を見て調べたり,上司に見てもらったりしながら,なんとか工程(こうてい)表【作業の手順を考えた日程表】を作りあげました。自分が一から作りあげたものなので,全ての手順が頭に入っていたのでしょうね。その工程表をもとに監督・指示(しじ)をしたら,スムーズに工事が進んだのです。入社1年目よりも経験や知識がついて成長したなと感じ“わくわく”しました。

地図を見て感動を思い出す

外へき工事【建物の外へきを仕上げる工事】の監督を初めて任されたときのことです。天候不良などが原因(げんいん)で,外のかべにタイルをはる作業がおくれてしまいました。『この工事が予定通り終らないと,たくさんの人に迷(めい)わくがかかってしまう・・・・・・。なんとか間に合わせたい。』と思い,上司に相談しながら作業員の数をふやしたり,工程を調整したりして,期日ギリギリに工事を終らせることができたのです。
その建物が完成した日,建物を上司といっしょにながめました。そのとき,上司が「きれいにできたじゃないか。よくやったな。」と肩(かた)をポンとたたいてくれたのです。その言葉に,今までがんばってきたことが,この建物の完成につながったんだと感動してなみだがでました。そして,この仕事をしていて良かったと心から思いました。今でもその建物の名前を地図で見ると,その感動を思い出します。これからも いろいろな困難(こんなん)があると思いますが,乗りこえ成長し“地図に残る仕事”をたくさんやっていきたいと思います。

小学生のころに好き
だったことを教えて!
  • わくわくしたこと:バスケットボール
  • 得意だったこと:絵をかくこと
  • 好きだった教科:算数理科図画工作
関連情報 大成建設株式会社

ページの先頭へもどる