夢モデルわくわくストーリー

サッカーがすばらしいのは,一瞬(いっしゅん)で人の心を動かせること! 【元】サッカー選手 北澤 豪さん

北澤 豪さん

プロでも目に見えないところで……

小学校1年生からサッカーをはじめ,中学生のとき,読売クラブのジュニアユースに入りました。プロで活躍(かつやく)する選手と身近に接(せっ)することができ,大きなしげきとなりました。一流の選手たちは,練習日でない日でも,毎日毎日当たり前のように個人(こじん)練習【自主トレ】をしていました。そして,毎日の練習の積み重ねの中で,その人にしかできないテクニックを身につけていたのです。『自分もそんなテクニックを身につけたい!』とあこがれ,毎日の練習をいっそうがんばるようになりました。

ワールドカップ初出場に大フィーバー!

©Jリーグフォト

日本代表としてフランス大会アジア予選を戦い,日本のワールドカップ初出場を決めたときの経験(けいけん)がとても印象に残っています。UAE【アラブ首長国連邦(れんぽう)】とホーム【日本】で対戦して引き分けたとき,日本国じゅうから「どうしてくれるんだ!なぜ勝てないんだ!」と大ブーイングをあびせられました。日本じゅうが敵(てき)になった感じでした。けれども,最終予選でイランに勝ってワールドカップ出場を決めたときは,大ブーイングを忘(わす)れたかのような歓喜の大フィーバーがまきおこりました。『あっ,サッカーは,一瞬でこんなに多くの人の心を動かせるんだ!』と感じました。『がんばってきたサッカーは,実は人のためになっていたのだ』と気づき,大きな感動とともに『サッカーをやってきてよかった』と心から思いました。

ワールドカップで日本が優勝(ゆうしょう)するために!

現在(げんざい)の夢は,【日本がワールドカップで優勝すること】です。そのために自分ができることをいろんな側面から支援(しえん)していくつもりです。まずは,すぐれた選手の育成,特に子どもたちのサッカーのレベルアップに力を入れたいと思っています。また,アジア全体のレベルを上げて,ワールドカップのアジアからの出場枠(わく)をふやすことも必要だと思います。だからアジアの国々でもサッカーを指導(しどう)しています。サッカーを取りまく環境整備(かんきょうせいび)にもっともっとかかわっていき,日本やアジアのサッカーの底辺を広げ,その頂点(ちょうてん)を高めていきたいのです。そして,いつしか日本がワールドカップで優勝できるようにがんばりたいと思います!

小学生のころに好き
だったことを教えて!
  • わくわくしたこと:ドリル【漢字や計算】を朝の短い時間に集中してやること
  • 得意だったこと:ハーモニカをふくこと
  • 好きだった教科:体育音楽
関連情報 北澤オフィシャルWebサイト

ページの先頭へもどる