夢モデルわくわくストーリー

体験+知識(ちしき)+感動=知恵(ちえ)“実学【実社会で活きる学問】”を学べる場所づくり 地域(ちいき)づくり活動 小林和彦さん

小林和彦さん

“実学”を教える先生に


今,熊本(くまもと)県の「きくちふるさと水源交流館」というところで仕事をしています。ここは,廃校(はいこう)になった木造(もくぞう)の中学校の校舎(こうしゃ)を改修(かいしゅう)した施設(しせつ)で,グリーンツーリズム【都市に住む人が農山漁村にたいざいしながら,地域住民との交流を通じて,農作業を体験したり,歴史や自然に親しんだりする】活動を推進(すいしん)しています。ここで仕事をしようと思ったきっかけは,中学生のときから『先生になりたい,自分で学校をつくりたい!』という夢があったからです。
大学を卒業するとき『立派(りっぱ)な先生になるには,広い視野(しや)といろんな知識や経験(けいけん)を身につける必要があるなぁ。』と思い,国際(こくさい)交流の仕事を6年間しました。その後,2年間海外をさすらって,世界の奥深(おくぶか)さと人々の多様性(たようせい)を感じました。
帰国して,先生の採用(さいよう)試験を受ける前に,縁(えん)あって「きくちふるさと水源交流館」を訪(おとず)れました。そこで生活をしたとき,先生の試験を受ける必要性を感じなくなりました 。なぜなら,ここにはすでに校舎があって,子どもたちがいたのです。それだけではなく,地域のおとしよりや都会の若者(わかもの),海外からのボランティアたちがいっしょにご飯を作ったり,川遊びをしたり,畑仕事をしていました。先生になったら,いちばん最初に教えたいと思っていた“実学”がここにあったのです。だから,ちょっと普通(ふつう)とはちがうけど,『ここで先生になろう!』とすぐに決めました。

オカネ【お金】がなくても幸せだなぁ

現代(げんだい)では,労働の代わりにオカネ,食べ物の代わりにオカネ。オカネは,生きていく上で当たり前のものになっていますが,わたしが住んでいる村では,それだけではないことがよくあります。重い荷物を運んだり,家のしゅうぜんを手伝ったお礼に夕飯をごちそうになったり,きゅうりやなすをもらったりします。
「田舎(いなか)は,オカネがないから,豊(ゆた)かじゃない。」とよく人はいいますが,わたしはそうは思いません。 たとえば,地震(じしん)でオカネがおろせなくなって,1日100円で過(す)ごさなければならなくなったとき,1食分のカップラーメンも買えないことに気づくでしょう。しかし,この村では何かに頼(たよ)って過ごすことができるのです。自然に頼って,山菜や魚を取ったり,人に頼って,夕ご飯をごちそうしてもらったり,お風呂(ふろ)にはいらせてもらったり……。日ごろから何でもオカネで解決(かいけつ)するのではなく,人とのつながりや自然とのつながりを大事にすることで,本当に困(こま)ったときに,人を守ってあげられたり,自分を守ってもらえるのです。オカネは使ってしまえばそれで終わりですが,人や自然とのつながりは一生の宝(たから)です。だから,わたしはここに住んで『オカネがなくても幸せだなぁ』と思います。

実社会で活きる体験や経験

ある日,小学校の先生を目指している大学生がボランティアとして,「きくちふるさと水源交流館」に来ました。その大学生は「先生になりたいという気持ちはあるけれど,本当に先生に向いているのかわからない。」と打ち明けてくれました。どうも,子どもたちと接(せっ)した経験がないことが不安で,自信を持てないでいたようでした。でも,ここには幸いなことに,校舎があって,子どもたちがいました。3か月間,かれは小学生の子どもたちといっしょに作業をしたり,語学教室をしたり,地域の人たちといっしょにボランティア活動をおこなったりしました。はじめのうちは,どこか表情(ひょうじょう)が,くもりがちでしたが月日を重ねるうちにみるみる明るくなり,いろいろなことを前向きに考えるようになっていったのです。そして,たいざいを終えたあと「先生の採用試験を受けることにしました。」と連らくをもらいました。そして,かれはめでたく小学校の先生になったのです。
かれは,言っていました。「ただ先生になりたいという思いだけだったけど,自分には足りない部分や弱さ,大人になりきれていない部分があった。子どもたちや地域の人たちと接することで,自分自身成長することができて自信につながった。そして,その経験が今でも活きています。」と。
『ここでの体験や経験が“実学”になった!』と実感した瞬間(しゅんかん)でした。わたしは,『ここで先生になってよかった!』と心から思いました。

小学生のころに好き
だったことを教えて!
  • わくわくしたこと:探検(たんけん)
  • 得意だったこと:ザリガニとり / カブトムシ&クワガタとり
  • 好きだった教科:算数
関連情報 きくちふるさと水源交流館

ページの先頭へもどる