はじめてのインターネット|安全に楽しく使おう

いほうコピーで失うもの

ある小学校の5年生の女の子,AさんとBさんは,あるアイドルグループの大ファンです。今月発売された新曲のCDも2人は買うつもりでいました。ところが,今月のおこづかいを使いすぎていたAさんは,発売日に買うことができませんでした。

すると,Bさんが「これあげるね」と白いCDをくれました。家に帰ってきいてみると,なんと買えなかった新曲のCDだったのです。「Bちゃん,ありがとう!」とAさんは,大喜びでした。

白いCDは,どうやって作られた?

そこへ帰ってきたお姉さんがCDを見て,「それっていけないんじゃない?返した方がいいよ」と言いました。秋子さんは,「え~,ほしかったCDだったのになあ」と,ちょっと不満そうです。

さて,お姉さんが「返した方がいいよ」と言ったのは,なぜでしょう?BさんがAさんにあげた白いCDとは,なんだったのでしょう?

そうです。Aさんがもらった白いCDは,Bさんが買った新曲のCDをパソコンでコピーしたものだったのです。自分が楽しむためだけにコピーするのは法律(ほうりつ)でみとめられていますが,それを人にあげたり売ったりすることは禁止(きんし)されています。Bさんが白いCDをAさんにあげたことは,法律違反(ほうりついはん)だったのです。お姉さんはこのことを知っていたから,注意してくれたのです。

また,Aさんが不正にコピーされたCDをきくこと,BさんがコピーしたCDを人にわたすことは,音楽を楽しむ人として許されることではありません。というのは,AさんのようにコピーされたCDをきく人ばかりになってしまうと,新しいCDが作れなくなってしまうかもしれないからです。

いほうコピーで,新曲発売中止?解散(かいさん)

音楽CDがわたしたちのもとにとどくまでには,下のイラスト「ハッピーミュージックサイクル」のように,たくさんの人がかかわっています。

ハッピーミュージックサイクル(このイラストは,社団法人 日本レコード協会の許諾(きょだく)のもと,「ハッピーミュージックサイクル」を参考に制作しました。)

Aさんたちが大ファンのアイドルグループをはじめ,演奏家(えんそうか),作曲家,作詞家(さくしか),音楽制作会社(おんがくせいさくがいしゃ),CD屋さんたちは,わたちたちが音楽CDを買ったお金を分け合って収入(しゅうにゅう)を得(え)ています。そして,その中の一部を使って,次の新曲を作っているのです。ですから,いほうコピーされたCDばかりが増えて,音楽CDが売れなくなってしまうと,そのお金がなくなり,新曲が作られなくなってしまうかもしれないのです。

AさんがいほうコピーのCDをきくこと,BさんがコピーしたCDをわたしたことは,許(ゆる)されることではないのです。そんなことをしていたら新曲どころか,大好きなアイドルグループも解散してしまうかもしれません。

いほうコピーはしない,あげない,もらわない。

もし,いほうコピーのCDを持っている人を見かけたら,Aさんのお姉さんのように注意してあげましょう。

まとめ
  • いほうコピーはしない,あげない,もらわない。
  • 音楽にかかわる人たちのことを考えよう。
  • 友だちがいほうコピーしていたら,注意してあげよう。

ページの先頭へもどる

  • 前のページにもどる